なんかいろんな趣味のこと。

暇なのでWS新制限に思いを馳せてみる。

 はいどうも青葉です。(`・ω・´)ゞ

 去る2月20日夜、ヴァイスシュヴァルツの2015年前期制限カードが発表されました。それぞれ一喜一憂、思うところもそれぞれあろうかと思います。青葉も少しばかり思うところを書いていこうかなーなんて思います。

 今回の主な変更点は、艦これにおいて《ドジっ子 電》《大和型戦艦2番艦 武蔵》の制限が解除、《陽炎型駆逐艦7番艦 初風》、《暁型駆逐艦2番艦 響》が新たに選抜の対象カードとなり、涼宮ハルヒの憂鬱の《夏祭りの長門》、とあるシリーズの《常磐台のお嬢様 黒子》がそれぞれ制限解除となりました。
 この変更により、環境に大きく影響しそうなのは、やはり艦これ。2つの強力なメタ要素のうち1つしか選べなくなるってことですね。これで回復系のデッキと、扉アイコンやラハール&マオなんかの回収系のキャラが少しだけ使いやすくなりました。
 巷では「これでやっと8扉ができるぞー!」なんて声が少なからず聞こえてきましたね。あまり過信は禁物だとは思いますが、回収によってアドバンテージを取っていくデッキには初風と、耐久系のデッキには響とマッチアップする確率が減ったのは朗報です。

 そこで艦これ側がどのカードを選抜するかが問題となるわけですが、個人的には初風ではないかな、と思っています。赤城改に関しては武蔵の解除に加えて元々艦これにはLv3にかなりの選択肢があることを考えるとあえて選抜するほどでもないかな、という感触です。そこで回収メタの初風、回復メタの響になってくるわけなのですが、これはもう回収系か回復系どちらのデッキに多くマッチアップすることになるのか等々の読みになると思います。周りの環境、地域によってかなり違いが出るんじゃないかなと予想しています。
 青葉がなぜ初風か、回復はほぼLv3で問題となるのみであることと、昨今は回復が軽視され気味であるという点です。加えて回復にピンポイントでメタを張るよりも、その回復キャラを持ってくる方法を1つ潰す方が機能的ではないかな、という判断です。現状ではそんな感じです。

 ハルヒ、とあるに関しては制限解除によって単純にやりやすくなったって感じではないでしょうか。追加パックとか出ると青葉的にも楽しいです。このへんのタイトル結構カード持ってるのよね(^_^;)

 最後に総括なんかを。今回の改訂はかなりバランスの取れた良調整だと思いました。今までかなり不満のあったであろうメタ要素てんこ盛りの艦これをいい感じに調整できて、かと言って完全8扉環境なんて極端な環境にもならない。使えるデッキの幅が広がった非常に良い改訂だと思います。

 ということで、今日はここまで。Bye!(`・ω・´)ノシ

 

[PR]
by aoba-chaosblog | 2015-02-24 14:41 | ヴァイスシュヴァルツ

WSを中心に、青葉の周りで起こる様々なことを書いていくブログ。WSの話題多め、デッキレシピ、勝手にルール解説とかします。リンクフリー。相互はご連絡ください。Twitter、mixiあります。TwitterID:aoba0122、mixiネームは「青葉」です。
by 青葉
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お気に入りブログ

検索

画像一覧

イラスト:まるめな